男人不识本站,上遍色站也枉然

保健室のマドンナ佐伯沙夜子その豊満な肉體に流れる淫媚な獣の血。禍々しいほどに輝く満月が彼女の『血』をざわつかせる。「素敵よ…、たっぷり射精させてあげるわぁ」淫らな汁を滴らせ、口いっぱいに男達の怒張した股間を頬張る沙夜子(淫獣)。絡み合う舌と舌。一面に弾け飛ぶ精液。月はまだ高い…。「…やはり目障りな女だったようね…」眩し過ぎる月明かりの中、沙夜子(淫獣)の『血』を狙う影が迫っていた…。